買取金額に納得ができない場合

買取業者が提示する買取金額に納得できなかった場合に、あなたが採ることができる選択肢についてまとめました。

底地売却.com」 では複数の相手に一括で買取金額を出してもらうため、買取金額の相場はご理解いただけると思います。

では底地の買取金額が納得のいく金額にならなかった場合、どのような手段が残っているのでしょうか?
いくつかご紹介いたします。

借地人に買い取りの提案をする

まだ借地人に底地の買い取りの提案をしていなければ、この機会に是非してみてください。
事業として利益を確保しなければならない買取業者よりも高く買ってくれる可能性があります。

借地は地代が安く、借りていた方が得だと考える借地人も多いことは確かですが、土地に愛着があったり、今とは違う土地活用を考えている場合は購入する可能性は十分あるでしょう。

売却の交渉をご自身で行うのは大変だと思いますので、仲介手数料を払って仲介業者にお願いするといいでしょう。

借地権人に借地権を買い取る提案をする

ひと手間かかりますが、借地権を買い取って所有権の土地にしてから第三者に売却する方法です。

地主の中には「借地は貸したものなのでいつか返してもらう」と考えている方も少なくありません。
しかしながら、東京近郊の土地の借地権は相応の資産価値がありますので、無償で返還されることは現実的ではないと言えます。

そのため、借地契約を解消したいと考えるのであれば借地人から借地権を買い取る必要があります。

買取の交渉をご自身で行うのは大変だと思いますので、不動産仲介業者にお願いするといいでしょう。
成約した場合は、不動産業者に仲介手数料を支払う必要があります。

地主と借地人が共同で底地と借地権を同時に売却することを提案をする

地主と借地人とも借地契約を終了し、金銭を得たいと考えている場合にこの方法が有効です。
土地に執着が強いと難しい提案ですが、権利者の世代交代によって最近は受け入れられることも多くなってきました。

底地と借地権を別々に売却するより、一体の所有権の土地として売却する方が評価額は大きくなります。

そのため、地主と借地人が協力し底地と借地権を一緒に売却することができれば、お互いの利益も大きくなります。
売却した所有権の土地の分配については、借地権割合等を目安に行うことが一般的ですが、お互いに納得できる話し合いが必要になります。

底地と借地権の等価交換を提案する

借地人が底地を買い取ることも、借地権を売ることも、また同時売却にも難色を示した場合、等価交換の提案をするのもひとつの手です。

等価交換は、底地と借地権の評価の割合によって地主と借地人とで所有権としての土地を分け合います。
問題は、多くのケースで借地上の建物は壊す必要が出てくるため、建物が老朽化していないと応じてもらえにくいことがあげられます。

壊す費用も計算に入れて含めて分配の比率を決めますが、専門家に入ってもらい双方が納得できる提案を作る必要があります。

底地にマンションを建て、その一室を借地権者の所有にする

これも等価交換の一種で、底地の面積が大きい場合や都心で駅周辺で土地の利用価値が高い場合に有効です。

借地人は建物を建て替える費用を負担する必要がありませんので、これから借入をすることに消極的な借地人や高齢で相続人がいない借地人にとっては魅力的な提案になるかもしれません。

買取業者へ売却することに比べると手間と時間はかかりますが、買取業者へ売却する以外の方法があることも覚えておくといいでしょう。

お問い合わせ

お問い合わせ内容を記載ください。

必須お名前
任意ふりがな
必須メールアドレス
必須電話番号
必須お問い合わせ内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。