底地を買ってくれる相手とは

(更新:2020年1月29日)

「底地を売りたいのだけど、誰に売ればいいのだろう?」
「底地を高く買ってくれる相手を知りたい」

このページはそんな方に向けて書いています。

こんにちは。
底地売却.com 管理人の蛭間(ひるま)です。
このページでは、「底地」を誰に売ればいいのかについて解説をします。

結論からいうと、優先順位の1番目は「借地人」、2番目は「買取業者」です。
その理由も説明して参ります。

一番高く買うのは「借地人」

結論からいうと、底地を一番高く買ってくれるのは「借地人」です。
借地人は自ら利用する目的で購入するため、市場流通価格を目安に売買ができます。

再販を目的とした買取業者は、売却した時に利益を乗せられないと商売として買い取りをする意味がなくなってしまいますので、借地人よりはどうしても買取金額は低くなるのが道理です。

ですので、できることならばまずは借地人から当たってみてください。

借地人に購入の意思がなければ、次は買取業者をあたってみましょう。

借地人から「底地を買うことは考えていません」とか「とびきり安い金額でないと買いません」と言われることもよくあることです。
その場合は買取業者に依頼するといいでしょう。

「一般投資家」は底地を買うのか?

投資家が投資商品を選ぶ基準はいくつかあります。
その基準は「成長性」、「収益性」、「安全性」、「流動性」などさまざまです。

結論からいうと、どの観点から考えても底地は魅力の有る投資商品とはなりにくいでしょう。
将来的な見通しがあれば別ですが、投資家が底地を買っているという話はあまり聞きません。

その理由として、底地の地代(賃料収入)の低さにあります。
借地権者は旧借地法によって保護されているため、地主は地代を上げることができなかったという歴史があります。

そのため、底地に投資した時の利回りは低くなるケースが多いことでしょう。

「一年分の地代の総額」を「底地を売る時に設定する売却金額」で割ると「底地の利回り」が出ます。

いかがでしょうか?

投資家が底地を買わない理由を、これで理解できたかと思います。

借地人が買わない場合は「買取業者」へ売る

借地人が底地を買う気がない場合でも、買取業者へ売却する選択肢が残っています。

買取業者も沢山ありますし、市況やその業者の事情によって買い取ることができる金額にも幅がありますから、必ず複数に買取金額を聞いてみることをオススメします。

競争原理が働いた方が金額が伸びる可能性が高くなりますので、他にも買い取り金額を出してもらっていることをさりげなく伝えるのがいいでしょう。

複数に買取金額を出すようにお願いすることが面倒であれば、ぜひ底地売却.comの「底地一括オークション方式」をご利用してみてはいかがでしょうか?

底地の必要情報を当サイトにお送りいただくことで、当サイトから買取業者へ一括で買取金額を出してもらうよう働きかける仕組みになります。

何度も同じ資料送付を行うこと手間が省けますし、不要なかけ引きなしで一番高い金額を出す買主を探すことが可能です。

見積りを出すときは、相見積もりを取ることと同じように、買取りも複数社へ出すことが大切です。

借地人とは仲良くしておくことのススメ

最後に、あなたは借地人と仲良くしていますか?

もしかしたら長年お付きあいのある中でトラブルを経験し、険悪な関係になってしまっているかもしれません。
底地を相続した時点で、良い状態でないということもあるかもしれません。

借地人と仲良くしておけば、色々な選択肢を選ぶことができるかもしれません。
普段から借地人とは良い関係を築いておくことを心かげるといいでしょう。

関係が良好でない場合は、底地の買い取りの提案を不動産仲介会社に依頼するのも一つの手段です。

仲介会社を通じて売買をした場合は、成約時に所定の仲介手数料を支払う必要がありますのでご注意ください。




これだけ読めば底地についてわかります!

このページは、底地を売却したいと考えているあなたに役に立つ情報をまとめています。

【簡単!すぐわかる!】底地の説明

【簡単!すぐわかる!】底地の説明

底地に関する説明をわかりやすくまとめました。
3分ほどで読むことができます。

底地を買ってくれる相手とは

底地を買ってくれる相手とは

底地を買ってくれる相手は、買取業者がメインになります。
その理由をまとめました。

【必要書類と確認事項】底地を売る時の準備

【準備編】用意するべきもの

底地を売ろうと決めた時に用意するものをまとめました。
これがないと買主が金額を出せないので、必ず用意しておきましょう。

底地売却までのスケジュール

底地売却までのスケジュール

売却したいと考えてから、どういう流れになるかを説明しました。
2週間から1ヵ月で売却することも可能です。

【譲渡税20.315%~39.63%】底地売却時にかかる税金

【譲渡税20.315%~39.63%】底地売却時にかかる税金

底地を売却する時にかかる費用を知っておいた方がいいでしょう。
税金をメインに、売却にかかる費用をまとめたページです。

【損をしないために】一括査定を使おう

【損をしないために】一括査定を使おう

底地に限らず、相場を知ることは大切です。
1社の提示する買取金額を基準に売却していませんか?

【よくある質問】Q&A集

【よくある質問】Q&A集

まだ疑問が残る場合は、よくある質問をご覧ください。
有料になりますが、個別相談を受けることもできます。

底地の一括査定 お申込み

お申込みの内容を記載ください。
2営業日以内にご返信することを心がけています。

必須お名前
任意ふりがな
必須メールアドレスメールにてご連絡つかない場合はお電話する事がございます
必須電話番号
必須ご依頼者様の立場
必須底地のご住所東京都のみの査定となります
お手元にある売却査定に必要な書類をご確認下さい。
お持ちの資料を送付してもらう必要があるため後日ご連絡致します。
必須借地契約書
必須固定資産税納税通知書(公課証明書)
必須登記簿謄本(登記事項証明書)
必須公図
必須土地測量図
任意ご希望

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。